「何故」に答えられない人間の話を聞くな

ロバート・チャルディーニの影響力の武器とか
心理額の本を読むとわかるんですけど、

人には、心理トリガーっと言うものがある。

白衣とか権威を見るとタジタジしたり、
たくさんの人が同じ事していると、そっちの方がいいのかなっと感じたり、
何かしてもらうと、返さないといけないのかな?っと思ったり、
モノが減っていくと、手に入れたくなったり、

人間の心理のトリガーっというのが本能的に植えつけられていて、

誰かに、こうやってくださいとか、ああやってくださいっと
言われた時に「何故」どうしてって聞いて欲しいんです。

納得する答えがない限りやらない方がいい
なぜかと言うと、なんらかのトリガーがあって、
マインドコントロールされている可能性があるから。

たとえば、予防接種

なぜか?みんなやっているから・・・
それがトリガーなんです。

理由はわからないけどやっている
これで病気が防げるんですって言いますよね?

そこで、「何故」病気が防げるのか、聞いて欲しい
免疫とか何とか。。。予防接種ができて、病気が減ったでしょ?
でも、予防接種がない国でも減っているのはなぜ?っとか

予防接種の話は横によけますけど

そうやって聞いていって
なぜ、に応えられない人の話は、聞いてはダメ

全ての事に対して聞いていく
医者とか、弁護士とか、先生とかは
立場と名前から権威があるのでトリガーが働きやすい

なので、なぜっと追及して納得いく答えが返ってこない限り、
その人の言う事は聞かない。

どうしてですか?作戦
お客さんに何度も聞くと、そのうち本音を言いはじめる。

人ははじめ上っ面の事しか言いませんが
なぜですか?、どうしてですか?っと聞いていくと
本質を話し始める。

自分にもなぜ?どうして?を問いかける
上っ面では生きていけなくなる。