モンテッソーリ教育に注目しろ

モンテッソーリ教育

2-5歳の小さな子供が対象なんですけど
いろんな病気がある知能が遅れている子供の
面倒をしていて、あるやり方をしたら
子供たちは、能力を伸ばし始めて、
病気が回復したりした。

何でなのか?研究すると
子供というのは、いろんな感覚を伸ばす時期というのがあって
嗅覚が伸びる時期とか、音感が伸びる時期とか、
運動能力を伸ばす時期とか、そういうのが大事な時期

感覚を伸ばす時期

子供に対して、知識をつけるというのは、合理的ではない。
小さな時っていうのは、感覚を磨く時期で変な知識をつける時期ではない

ピアノとか習い事とかは良いけど、
学校自体がダメで仮面を学ぶので、変な子供になってしまう。

経験がないのに、言葉だけ習っても
意味解釈が適切にできなくて、おかしくなっちゃう。

ピアノとかでも、型から入るのではなくて、
音そのものから入る。

なので、
小さい時は言葉より先に、体験そのものとか感覚を鍛える。
そのあとに言葉につなげると良いと思う。

フォームをやりすぎると、弱くなる。
体は本来、効率的な使い方っていうのを知っている。

トレーニング、学習も同じで型にこだわり過ぎると
本来の力を発揮できなくなる。