人が聞きたがっていることだけを話しなさい

聞きたがっていることがわからない
それをまず知る事が大事

基本的に、聞いていて、おもしろく感じるのは、
おもしろくない話をしている。

なので、相手が何を聞きたがっているか?にフォーカスする。
話の長さとかではなくて、興味がある事について話すと
メモを取り出しますよね?

話の長さは関係なくて、興味があるかどうか?
興味に触れていれば、人は話を聞く

コピーライターは、ストーリーを話す。
興味のある事はもちろん、コピーを呼んだだけで勉強になる事を書く

とにかく相手が欲している所に触れる。

人を理解するには、意識が大事
相手が楽しんでいるかな?っと確認しながら話す。

自分の話は、聞かれたときにしかしない
その人に関係がある話をする。
(その人の興味とか、人生に触れる。)

自分の話をする時も相手と共通点を探しながら話す。