人の悪口は絶対に言うな

人の悪口は、気をつけていても言ってしまいがちですけど、
どういう事が悪口なのかな?っていうと
境界線がグレーゾーンですけど、

基本的に、その人物が聞いて、嫌な気持ちがしたり、
悲しんだりする事は、言ったらいけないと思う。

ココだけの話って言っていても、
不思議とその人物に伝わる。

逆に、誰にも言わないでくれって言うと必ず言ってる。

人の良い所は、積極的に言った方が良い
相手が聞いてくれて喜ぶと思う。
自分がいない所で誉められたりすると

自分がされて嫌な事はしてはいけないし、
されて嬉しい事はした方が良い

悪口を言いたくなったら、本人に直接言ってみるとか
裏で言っているとコソコソしている感じがするので、

本人の目の前で、あなたのこれが気に入らないから、
考えなおしてもらえませんか?っていう風にすれば、
あっさりしていると思う。

その場にいない人に対して、忠実になる。

その場にいない人に誠実な態度をとれば、
その場にいる人たちの信頼を得られる。

いない人を擁護して守ろうとするあなたの態度をみれば、
居合わせた人たちは、あなたを信頼する。

逆に悪口を言って、遠回りにその人の耳に入った時、
あなたの二面性がわかり、信頼を完全に失う。

さらに、悪口を聞いている人も、
裏ではこんな事を言ってるんだ。。。
私の事も言われているかも?と思うようになる。

昔から、口は災いの元とは言いますが、
気をつけないといけませんね