行動するときは3歩先まで考えておけ

三歩先の事を考えると動けなくなる。
目の前の事だけをやってしまう。

目の前の事は非常に大事で、
一歩先の事が考えれないと進めない

けど、登山で考えて欲しいんですけど
一歩一歩足を出せば、前には進むんですけど、
道が間違っていたらどうしますか?

グルグル迷って遭難してしまう。
なので、自分が正しい道を歩んでいるとわかっていない限り、
無駄足になってしまう。

可能性がある。

大事なマインドセットで、
足を一歩前に出せ と 立ち止まる時間を持て

立ち止って考える時間も大事なんです。
オレは間違ってないかな?っとか、どこに向かっているのか
立ち止まって考える時間も必要。

仙人さんは、20年、30年単位の長期スパンで考えていて、
ルーティンとして、週に一回は立ち止まって考える。

毎日情報にさらされていると思考停止状態になってしまって
考える時間がなくなるって最終的に方向性がズレてしまう事がよくある。

誰にもあわず、本やインターも見ずに、静かに考えてみる。
そして、やっぱりオレはこういう道でやりたい、行きたいっと考えを整理する。

これは、やりすぎるのもデメリットがあって、自分の内側にこもりすぎてしまう。
やりすぎると、いろんなモノに意味が見出せなくなってきて、やる気がなくなってくる。

自問自答、孤独の時間も取りすぎると
社会に適応できなくなってしまう。

オススメしている孤独の旅もやりすぎると、社会に適応できなくなる。
中毒になってしまう。

ルーティンとして、立ち止まって考える孤独の時間を作る。

積み重ねるってゴールするタイプか、ゴールが決まっていてそこに向かうタイプか
両方必要

目の前の事を決めて動く、終わらせる。

一年に一度決めて、軌道修正はあんまりしない。

仙人さんが一年に一回話す事
目標利益
コストダウン
今年のコンセプト