目次



crypterium(クリプタリアム)の事を話す前に
ICOについて説明します。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)

ICOとは、Initial Coin Offering イニシャル・コイン・オファリングの略です。
意味合いとしては、新規仮想通貨公開

スタートアップが、迅速に資金調達できる手段として注目されています。

資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、
独自の仮想通貨を発行、販売し、資金を調達する手段のことを指します。

投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨を購入してもらい、
原則として対価は支払われません。

別名「クルドセール」「プリセール」「トークンセール」など

投資する方にとっては、売買手数料ナシ、小額投資可能、
大化けすればハイリターンというメリットがあると同時に、

ICO後、アクティブなトークンは10分の1以下、
さらに、その中でも今後プロジェクトが成功する企業は
さらに少なくなります。

中には、詐欺もありますが、現在は法律が未整備であるなど
保証がないリスクがあります。

ICOの中でも、個人的に
2018年 注目のICO Cypherium(クリプタリアム) をご紹介します。

crypterium

crypterium(クリプタリアム)

クリプタリアム

銀行系インフラ

クレジット・トクーンとオープン・プラットフォームを備えた
革命的なデジタル仮想通貨銀行

ホームページは、こちら

crypterium
Cypherium

クリプト銀行とは何ですか?

クリプト銀行は、従来の市中銀行が提供するサービスと
同種のサービスを提供する新しいタイプの銀行ですが、

私たちが毎日使っているお金(しばしば名目貨幣と呼ばれます)の代わりに、
暗号通貨やトークンなどの暗号資産を使うところが従来の銀行と異なります。

クリプト銀行はサービス/支払いのインフラストラクチャを提供して、
暗号通貨の世界と名目貨幣の世界の間のコミュニケーションを図ります。

これにより、ユーザーは暗号資産で支払いをすることができ、
小売業者は通話料、光熱費、罰金、ローン、税金、インターネット費など、
さまざまなサービスに対する支払いを名目貨幣で受け取ることができます。

この動画を見ると、一目瞭然です



端的に言えば、クリプト銀行は、
利用者が実世界で暗号通貨を使うことを可能にします。

ウォレットとクリプト銀行の違い

デジタルウォレットの主な目的は、暗号資産の振込みと保管です。
利息のない普通預金口座のようなもので、

一つの暗号ウォレットから別の暗号ウォレットへの振込みを行います。

クリプタリアムのクリプト銀行では、

・両替を通じてウォレットのデジタル資産を使えるようにする
・クリプタリアムの決済インフラストラクチャを利用する企業に対して、
資産通貨の両替、貸与、国境を越えた支払い、サービスの取得

(業者が現金以外の方法で支払いを受け取ることを可能にします)

など広範囲にわたる重要な銀行業務の提供をします。

それだけでなく、オープンプラットフォームOpenAPIを通じて、
開発業者の皆さんに当社の暗号決済インフラストラクチャへのアクセスを提供します。

トークン所有者のベネフィットは何ですか?

クリプタリアムのトランザクション利益の30%(販売手数料)は、
毎月のキャッシュバック基金(MFC)を通じて、
CRPTトークンの買付と分配によって

CRPTトークン所有者と最もアクティブなユーザーへの謝礼に使われます。

取得されたCRPTトークンは、クリプテリアム銀行の利用度によって
既存のトークン所有者の間で分配されます。

MFCの補充もまた、 CRPTトークンの一定の需要を生み出しています。

CRPTトークンの申し込み方法

※大文字が必要です。

CRPTトークンの申し込み方法はこちら

Cypheriumトクーン先行販売を確認する