一人では生きていけない!

一人では生きていけない!

なんでもできて誰にも頼らずに、自立して、
誰にも依存せず男の中の男っていうのに憧れていたんですけど、

ある程度、自分でチャレンジした結果、
自分一人では何もできないんだな、万能にはなれない
一匹狼では限界がある。メリットもあるけど、デメリットもあると

受け入れていくとパートナーや友人ができて、
支えられているんだなっと気づいた。

一匹狼の時期も必要

一匹狼の経験があるから限界がわかる。
最初から依存して、一匹狼の時期がないと
自分自身の強みも弱みもわからない

自分は何でもできると勘違いしている人がいる。

例えば、30-40歳とかで親元にいて、
ご飯とかも作った事ないのに、クソババアうるさいとかって反抗して
俺は一人暮らしをやろうと思ったらできるっていったり

実際にやった事ないのに、できると思い込んでいる。

起業とかでも同じで、自分で実際やってみて
自分で失敗したり挫折して、自分のポジションがわかる。

組む人は、まったく真逆位の人の方が良い
新鮮味があって、お互いにとって必要な人物

タイプが違うと、摩擦やケンカは起きないんですか?
最初は起きますけど、一匹狼をやって自分の限界を知っていると
それを受け入れれる。

限界の基準
生活が機能しなくなる。

例えば、家で暮らしていて、嫁がいないとどんどん洗濯物が
たまって山になっていたり・・・

一匹狼をやってみて経験すると、一人では生きていけないっと
実感が伴う。

最初から依存していると、ご飯作ってもクソババアと言われるけど
一人暮らしをはじめると、お母さんありがとうっとなる。

だから一度自立して、苦労するっていう事が大事

実家にいた時は、自分に見えないところで母が動いてくれていた。
それは労力も時間も取られる事なので、今となってはありがたみを感じる。

親元を離れるタイミング
20歳くらい、10代だと早すぎる気がする。
10代から離れるとさみしさがある。

10代は、甘えて、20代で親元を離れて社会を勉強する。
30代くらいで、自立して、自分ビジネスをやって失敗したり、

生活面で言うと20代で自立、仕事面で考えると30代で自立してみる。
40代から、生活面、仕事面で限界を知れると最強かなと思います。

コメント


認証コード9908

コメントは管理者の承認後に表示されます。