DNA ストレッチ&無動トレーニング

DNA ストレッチレベル0

背骨
脊椎は、頸椎(けいつい)7つ、胸椎(きょうつい)は12、腰椎(ようつい)は5、
仙骨と尾骨はそれぞれ1つずつ、計26個で構成されています。

基本姿勢
肩幅に足を開いてもらって、腕を真っ直ぐ伸ばし、
指がつくかつかないかぐらいでボールを抱えるように曲げる。 

左右、2回ずつを背骨を意識しながら、仙骨から上に上がり、
背骨を絞って出すイメージで、20回

無動トレーニング

無動トレーニング(こちらの方が公開されているのは、Lv1です)

細かい事を言うと・・・

最初に立っている状態での深呼吸が抜けています。
その後、カエルみたいなポーズになるのですが、
この姿勢も背中、腰のストレッチになりますので重要な姿勢です。
その後、四つん這いで足を伸ばすのですが、足を伸ばした時に上がりすぎています。

全体を通してですが、呼吸が非常に重要です。
ポイントを↓にまとめてみました。

無動トレーニングの効能

1.血液の循環が良くなります。
2.緊張がほぐれます。
3.深い眠りに着けるようになります
4.骨が強くなります。
5.骨粗しょう症予防にいいです。
6.雑念が消えやすくなります。
7.汗も出るので毒素が出やすくなります。
8.呼吸が深くなるので脳に酸素が送られます。

などなど時間対効果は絶大です。

無動トレーニングLv0 やり方

1.完全リラックスして、大きく3回深呼吸
肩に力を入れない、入れると息が浅くなる。
息をする時に、わざと音を出さない静かに深く、深く吸って、深く吐く
口から吸って股ぐらいまで呼吸を落し、静かに吐きだすイメージ

2.ゆっくり降りる
このとき両手首の線を、両足の親指の前に位置させる。

3.息をゆっくり吸いながら四つん這いになる。
つま先を立てる。

4.両脇をきっちりしめて、息をゆっくり吐きながら腕立て伏せ
5.息を数秒止める。
6.息をゆっくり吐きながら上げる。
ひじを開かず脇を締める事

7.息をゆっくり吐きながら、先ほど【2】のポジションに戻る
このとき両手首の線を、両足の親指の前に位置させる。

8.息をゆっくり吸いながら立ち上がる

股ぐらいまで呼吸を落すイメージ

実は見た感じと違って結構ハード

※このセットを一日に1回ずつ増やしていく
30日30セット

無動トレーニングLv1のやり方
詳しくはこちらをどうぞ(いつ公開が終了するかわからないので、お早目に!)
https://vimeo.com/131075376

1.完全リラックスして、大きく3回深呼吸
肩に力を入れない、入れると息が浅くなる。
息をする時に、わざと音を出さない静かに深く、深く吸って、深く吐く

2.ゆっくり降りる カエルポーズ
このとき両手首の線を、両足の親指の前に位置させる。

3.息をゆっくり吸いながら四つん這いになる。
つま先を立てる。

4.顔を起こし、左足を肩から真っ直ぐする意識で伸ばす、次に逆側
背中の筋肉はほっとくと退化していく、

5.四つん這いに戻り、肩幅の位置に手をやり、脇をしめて腕立て、
背中を反る。背中のストレッチになる。

6.息を数秒止める。

7.息をゆっくり吐きながら上げる。
ひじを開かず脇を締める事

8.息をゆっくり吐きながら、【2】のカエルポーズに戻り
このとき両手首の線を、両足の親指の前に位置させる。

9.息をゆっくり吸いながら立ち上がる

無動トレーニングLv2のやり方

無動トレーニングLv2 from 伊藤正哉 on Vimeo.

30日限定無料公開中

前回は、公開終了後違うページに変わりました。
無料で見れる3ステップ長寿法をお見逃しなく
xpower

コメント


認証コード7769

コメントは管理者の承認後に表示されます。