行動しないほうが良い時もある!

行動しないほうが良い時もある!

世の中では、行動アクションが大事、大量行動って
自己啓発とかのセミナーで言われていて、
もちろん行動する事には賛成なんですけど、

自分の学習タイプ

なぜ、何、どうやって、現実的にタイプがあって、
現実的にタイプはすぐに行動してしまうんですね

仙人さんは、なぜタイプで、次に現実的にタイプなので、
すぐ行動していたんですけど、経験的に、
無駄な行動や失敗も多かった。

あの時もっと慎重にやっておけば、もっとじっくり考えておけばっと
思うことも結構あった。

世の中には、行動できない人もいるんですけど、
逆に行動しすぎる人もいる。

行動しすぎる人の場合は、ワンクッション置いた方が良いと思う。

衝動タイプの人は、慎重タイプの人に相談して、
ワンクッション置いて、理屈とか、方法論とか出してから行動する。

逆に、慎重派の人は、行動タイプの人と組んで補ってもらう。

弱点とか弱み補い合えるチームを作る必要があります。

行動タイプの中にも、目的はなくて、
人のためなら動けるタイプとかもある。

火をつける人もいれば、エンジンをかけるのが嫌な人もいる。
とにかく、舵を取るのだけが好きな人もいる。

チームを作る必要はあるけど、一匹狼の時期も必要。
失敗も大事で、自分に行動力がまったくないって人も
自分である程度の行動力は身につけないといけないと思う。

そうする事で、自分の限界も見えてくる。

行動しすぎる人も、失敗を重ねて、
このままではいけないと気付く

どれぐらいの時期からチームを作るのか?

限界が見えるまでは、一匹狼

コメント


認証コード7927

コメントは管理者の承認後に表示されます。