12歳までオムツを履きなさい!

おむつ

仙人さんは、息子が5歳でオムツをやめて
ぷんぷん怒っている。

何で、そんな歳までオムツを履かせるのか?

小さい子供は、おねしょをするんですけど、
大人が、おねしょにならないように、
寝ていても一度起きて、おしっこしてから
また寝るように言いますが

実はよくなくて

寝ている時に、成長ホルモンが出て
背がぐんぐん伸びてるんですね

しかし、おしっこで起きてしまうと
成長ホルモンがそこでストップしてしまう。

また寝付いても、成長ホルモンが出るまでに時間がかかる。
朝方になると成長ホルモンでない

背が伸びる時間が少なくなってしまう。

オムツを履いているとそのまま出してもいいので
起きなくていい

夜トイレで起こすのは
背を10cm以上縮めてしまう原因になる。

子供は夕方水分を控えてても、おしっこが夜出る
なので、起こさないようにオムツを履かせて寝かせてあげる。

12歳までに、どれくらい背が伸びるかで決定付けられる。
第二次思春期、成長期10歳-15歳までは、身長25センチくらいしか
伸びないよって言われているんですけど、
それまではコントロールがきく

第二次までにどれくらい身長が伸ばせるかで決まる。

身長を大きくするのに、一番必要なのが睡眠
そして、睡眠を妨げるのがおしっこなんです。

なので、オムツが解決策になる。

オムツを早く卒業させようとするのは、
世界共通の事なんですけど、なぜ、海外の人は身長高いのか?

睡眠時間が長い、
日本人は短い、夜ゲームとかテレビとか見て、寝るのが遅くなる。

ご飯いっぱい食べていても、睡眠が短い子は身長が伸びない
スポーツ、運動は影響が小さい

一番が睡眠、二番目が栄養、三番目が心の問題

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード7095

コメントは管理者の承認後に表示されます。