2030年に備えなさい!

近い未来の世界はどうなっているのか?
2030年になると、子供達が成人している。

どこの国が景気が良くて、どこの国が悪くなるかを調べていくと
中国、アメリカ、インド、日本、ブラジル、ロシア

アメリカと中国にフォーカス

そう考えると、アメリカと中国相手にビジネスが
できるように教育しないといけない
英語とか、中国語とかを話せるようにならないといけない

語学は、最低ライン

Xトリリンガル

言語以外に、文化を知っておく

言語はしゃべれるけど、ボディーランゲージとか、アイコンタクトとか
えーとっとか、まだ日本人の人がいる。

そういう事もビジネスする上では必要

海外で語学を学ぶなら、田舎の方良いけど、
田舎過ぎると方言とかイントネーションがヘンだったりする。

その国の人の考え方、ボディランゲージを重視する。

ビジネスにおいては、先ほどの言語、ボディランゲージ、アイコンタクト、
考え方などの文化のほかに、

いつでも他の国でビジネスができる下地を作っておく。

コメント


認証コード5475

コメントは管理者の承認後に表示されます。