男は強く!女は可愛く!

男は強く!女は可愛く!

男は強く在るべき、女は可愛く在るべき

巷では、男も優しくニヤニヤしたり、気を使ったり
ユニセックスみたいな感じとか、女もキャリアウーマンとか、
紺とかグレイのスーツを着て、専業主婦とか願い下げとか、

そういうのは、本能的に、本質的に、原始的に気持ち悪い。

男は強く戦って、仕事して、ケンカも強くないといけないし、
仕事もケンカだと思って戦わないといけないし
弱音を吐いたらいけないし、弱みを見せてはいけない

女は、可愛く振舞ってる

そういう原始的な男は強く、女は可愛くという世界に戻ってほしい。

最近は、男は強く在るべき、女は可愛く在るべきっていうのが
古い考えという風潮がある。

でも、本能的に強くありたいという気持ちは男にはある。
精神的にも、肉体的にも、強い男になりたい場合、
ナニからはじめれば良いのか?

まずは、肉体から

精神的に、感情的にどうこう言う前に、
肉体的に強くなくてはいけない

肉体的な強さとは、ジムに行って重いものを上げ下げではなくて、
山に登るとか、裸足で駆け回るとか、丸太を蹴りまくるとか、
真の男とは、野生的な男

ジムでやっている動きをしていて、本当に女を守れるのかな?っと思う。

紳士的、ジェントルマンっという言葉を履き違えている。
優しくするとか、へらへらする、ドアを開けるではなくて、

ジェントルマンとは、女性を守るという意味

ヘラヘラしたり、跪いてキスするとかが紳士ではなくて、
怖い般若の顔をしていてもいいから、銃弾が飛んできたら
オレが背中で受ける。お前を守るというのが紳士ですね

女性の可愛いと思うのは、
か弱い、繊細で、押したら倒れそうじゃないかな?っというか弱さ
本来、女の人は子供を生んだり守ったり強さを持っている。

でも、筋力がない、私を守ってて言うのが可愛いと思う。
キャリアウーマンでバリバリやってるよりも
女の人は主婦をがんばってやってるのが、可愛いと思う。

男は強さを、女の人は可愛さを身につけていく

コメント


認証コード0322

コメントは管理者の承認後に表示されます。