ハーフの子供は苦労が多い!

ハーフの子供は苦労する。

日本的に考えるとカッコイイとか、可愛いっとか、
運動能力高いっとか、なんか才能あるのかな?っとか
あると思うんですけど、

海外に行くと、
言語が違っていたり、考え方が違っていたり、
世界観が違うから、板ばさみになって、
中途半端になってしまって自分のアイデンティティとかが
わからなくなる。

自分は、何人なんだろう?

どっちの人種の人と仲良くしたらいいのか?
わからないので、苦労する。

ハーフの子は浮いている感がある。

顔立ちが違ってたりするから、イジメられたりする。

ハーフの子供も作りたいっと思っている人は、
そこを真剣に考えてあげないと、子供は深刻に悩んでいる。

見た目がすごく影響している。
子供の時は特に見た目が自分と違うとイジメるけど、

大人になったら、逆にプラスになる。
見た目が違う事がプラスになる。

幼少期は、周りと一緒がいい
違う事がダメって気持ちになる
みんなに溶け込まないと思うけど、
大きくなると、別にみんなと一緒じゃなくてもって思う。

幼少期は、ハーフの子供の多い地域に
住むとかしてあげた方がよかったりする。

ハーフである事の幼少期のメリットはないけど、
二つの文化とか言語を自然に身につけれるのがメリットだけど、
大人にならないとそのメリットはわからない。

アイデンティティクライシスって言って、
自分の存在価値が崩れてしまう時期ってハーフの子供にはある。
自分が何者なのか、何人なのかわからない

どちらかの文化を否定して、次にもう片方の文化を否定する。
ジグザグにくる。

お互いの国の良さを教えてあげる。
時間をかけて見守るしかない

一年に一度は、元の国に戻って触れ合ってもらう。
二つの国を見せてあげる。

映画とかを色んな言語で見せてあげたり
親の努力が重要ですね

コメント


認証コード8049

コメントは管理者の承認後に表示されます。