悲劇の主人公は卒業!

悲劇の主人公は卒業!

最近、悲劇の主人公になっている人が多くて、
自己犠牲をしているっと悲しみの世界に浸って
ヒーローになっているつもりになっている。

それは損

ブッタも言ってたけど、
物事は現実を見る事が難しい

見えている事は、自分自身の解釈というレンズを通して見ている。

同じ事でも解釈の違いによって、悲しく映ったり、
ラッキーになったりもする。

なので、ありのままを見なさい

そうする事で幸せになれるよっと

最近、悲劇の主人公になっている人が多くなってきているのは、
幼少期から我慢させられてきてる。
強要される世界観が出来上がっている。

なので、同じ事をやっていても、
俺はやらされているとか、我慢してやると
悲劇に浸っている悲劇の主人公になっている。

被害者意識
感情的にネガティプ

全部自分の責任

幼少期の時に選択肢がなかった。
あーしなさい、こーしなさい、こうするべき、
とか全てを枠で縛られる。

人生は選択
押付けられてるっと感じるのは、
ありのままを見ていない

嫌だったら辞めるって選択肢もある。

選択肢は無限、自分で選んだ道

大事な考え方

コメント


認証コード5663

コメントは管理者の承認後に表示されます。