イジメをどんどんヤリなさい!

イジメをどんどんヤリなさい!

イジメは楽しい

気の弱そうなヒョロヒョロのやつを見ると小突きたくなる。
いじめたくなる。

逆に筋肉ムキムキのヤバそうなヤツを見ると
さけようとする。

一般的にイジメは非道徳で、駄目な事だと認識され禁止されて、
いじめられっ子を庇う社会の仕組みができている。

仙人さんは、それは違うと感じていて、
マズローの底辺とか、自然界の法則とかを見るのが好きで
イジメをしない動物はいない、本能

強いヤツだけが残って、弱いヤツは淘汰されていくのが自然

対策としては、
小さい頃は特になんですけど、ケンカに強くなるのが一番
強いモノには歯向かえない

イジメられている人の一番の対策は強くなる事
古代から暴力は優劣を決める基準

それで社会が成立っているわけではないけど、
根本にケンカが強い弱いがある。

強いヤツは、理論とか理屈じゃなくケンカ、暴力

陰湿なイジメは反対
影でコソコソとか、グループ集団でのイジメは反対

基本的には一対一

仙人さんはイジめた後、パンチのガードの仕方を教えたり、
そのままイジメられてるとこの先の人生どうするんだと説教する。
イジめた相手に、なぜか慕われる。

スキンシップがあると明るいイジメになる。

仙人さんの中では、どうやらイジメがスキンシップのようです。
ある種の愛情表現

相手を貶めるような陰湿なイジメはやめた方がいい

聞いていけばいくほどイジメじゃないのではないかと思う話でした。 笑

コメント


認証コード0359

コメントは管理者の承認後に表示されます。