目的を明確にするだけで、道が見えてくる。

目的を明確にするだけで、道が見えてくる。

多くの人が学習する時に間違えやすいポイント

【フォーカスができていない】

自分は何を求めていて、何をマスターしたいのか、
何を学びたいのか?

全てをまんべんなく覚えようとするのは不可能
何かにフォーカスするか選択する必要がある。

自分は何を知る必要があるのか?
何を目的としているのか?
何を学ばないといけないのか?

フォーカスを絞ると短期的に目的を達成できる。

フォーカスを絞る時の自分への3つの質問
・自分は何者なんだろう?
・どこに向かっているんだろう?
・何を得たいんだろう?

目的を明確化する。
目的がないと絶対にブレる

4つのルール
・目的を明確にする。
・計測できる結果を持つ
・方法に固執しない
・とにかく今すぐ行動する。

この四つの中に自分の弱点がある

学習タイプによって違う
なぜ、なに、どうやって、今すぐタイプ

自分のタイプを理解する。

【コントロール認識】
自分がコントロールできるモノ、できないものを認識する。
次になにをコントロールしたいのか?諦めるモノを認識しておく
コントロール認識ができていないと方向がブレる。

【パワフルな理由】

なぜ学習したいのか?なぜ学習するのか?
理由や目的をはっきりさせておく
理由や目的がパワフルになればなるほど、

その結果もついてくるし、その方法論がもっとフォーカスされ、
明確になってくる。
理由を強化していく

【犠牲】
犠牲にできるモノを決めておく必要がある。
何かを得る時には、必ず何かを犠牲にしなくてはいけない
やりたくない事をあぶりだしても結局何も残らない

犠牲にできるモノを決めていくと、優先順位が決まる。
自分が何を求めているか?
いつまでに?どうやって?
なぜ、いつ、どうやって

【寄り道】
寄り道するとろくな事がない
まっすぐフォーカスポイントを決めて、塔着地点を決めて、
最短距離を歩く事が大事

【フィードバックタイム】
自分がちゃんと目的地にむかっているかどうかを確認する時間
結局のところ、自分自身が学習の邪魔をしている。
脳はなんでも自動的に学ぶようにできている。
学習をブロックしているのは自分自身

【目的が結果を決める。】
どういう目的を持っているのか?、
どこに向かっているのか?
なぜそこに向かっているのか?
その理由が、結果を決める。
目的がプロセスも決める。
目的が、得られる経験も決める。
プロセスは出現する。
まずは、目的を明確にする事、
次に犠牲にできるモノを全部決める。
逆に何を犠牲にできないかを決める。
自分がコントロールできる事、できない事を書き出す。
目的を明確にするだけで、道が見えてくる。

コメント


認証コード6256

コメントは管理者の承認後に表示されます。