知能向上 = お金儲け!

知能向上 = お金儲け!

テーマ
知能向上をコピーライティングに使うと?

知能向上は他のコンテンツを
理解してもらうために作った

土台になるもの

新しいコンテンツは、前回出したコンテンツが
恥ずかしいくらいのレベルのものを出す
進化する。

コピーライターは、アスリートと違い
肉体に依存しないので、一生できる。

1.3つの目標を決める。
健康面、人間関係、ビジネス

やっていくと達成する。

目標を達成しかけると、あえて手に入れない
仙人さんは、満足してしまうのが嫌

達成してモチベーションが上がる人もいる。

2.発明やアイデア、思考の邪魔になるモノ
悪い習慣、思考の習慣、行動の習慣

基礎から固めてない人は、前に進まなくなって
伸び悩む

基礎ができてない人は、上のステージに行った時に
意味が解らなくなる。

基礎をしっかりやっておく
基礎に戻る

意味も繋がってくる。
基礎をやってないと中途半端になる。

3.同じところを見つける、違う所を探す

みんな点だけで考えている。

共通点、違う部分、似てない所を探す

USPも出てくる。
共感ポイントにもできる。

オープニング、共感ポイント、似ている
違う点、USP

いろんな視点がでてくる。
学校教育が邪魔していたりする。
白と黒

点だけではなく
全体を見る、全体をとらえる

理論を全部やった後、全部忘れる。
理屈じゃなくなる。

4.ズームイン、ズームアウト

人口の8割の人がズームインする人
逆にズームアウトしすぎると、わけがわからない話をする。

ズームアウトが大事だけど、
ズームインできないと、実現できない

ズームイン、ズームアウト
ジグザグに行く

セールスレター
興味深くなり、読ましつづけることができる。

ライバルに気づかれない
ズームイン、ズームアウト作戦

5.グルーピングと分別
コピー
敵を作る人

追伸で、グルーピング

敵だっと分離して言っておいて、
最後にグルーピング

両方入れていくと、バランスがとれる。
一般の人にはわからない

敵といっておいて、あとでグルーピング

分けすぎるといけない
極端に敵を作らない、

分けすぎると尖がったコンセプトになるけど、
長続きしない。お客さんが

意識してやる。

ディスって、ほめる。
バランス良く話す。

元の人たちは、良いコンセプトだけど、
養成スクールなどのテスト機関を受ける事によって
質が落ちる。

養成スクールの人は、コンセプトをはき違えている。

6.バタフライ効果
ズームアウト

原因がわからない
原因はいっぱいある。一個が原因を生むはずがない
原因を知りたいと思うと、キリがない

シンプル化
単純化

人間には簡単
原因のシンプル化

8割にあてはまる。

コピーに応用
今の自分になるまでのバタフライのエピソード
過去の自分の経験

ボレット
シンプル化

コピーで活用する。

コメント


認証コード2882

コメントは管理者の承認後に表示されます。