カテゴリ:BLOG

免疫力を高める食品

「感染症」とは?

感染症とは、病原体が体に侵入して、症状が出る病気の事です。
病原体が感染しても、発病しない場合と現れないとがあります。

発病するかどうかは、
病原体の感染力と体の抵抗力とのバランスで決まる。

感染と発病には明確に違いがあります。

例えば家族が風邪ウイルスに感染すれば、
ほぼ間違いなくほかの家族にもウイルスは付着・感染しています。

しかし、通常の健康な方は、感染しても発病しません。

人間一人一人に備わった「免疫力」が大きく影響しています。

免疫とは体内で発生したガン細胞や外から侵入した
細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことです。

免疫というシステムが体から無くなったとしたら、
私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまいます。

免疫システムは15歳までに出来上がります。
20歳を超えると、免疫力は落ちていきます。

知らないうちに、自分が感染し気づいてなくて
高齢者や高血圧や糖尿病、心臓病などの基礎疾患を抱え
免疫力の低い人と接触する事で、その人が重症化する可能性が高い

免疫力を上げる3つの方法

1. 身体全体の代謝を上げる。
2. 腸内細菌を善玉優位にして腸内環境を高める。
3. 基礎疾患にかからないような食生活を送る 。

体全体の代謝を上げる方法は、体温を上げるような運動や入浴です。
体温を上げるとなぜ免疫力がアップするのか?

免疫細胞は血液の中にいて、体温が下がり血行が悪くなると、
体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。

免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度といわれています。
免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、
逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするともいわれてます。

毎日の食事への心がけは免疫力に大きく関与します。
そして、食べた物を消化吸収する腸は、
「全身の免疫を司る」重要な役割があります。

腸は食べ物だけでなく、それと一緒に病原菌やウイルスなどが
常に入り込んでくる危険性のある場所です。

しかし、腸には病原菌やウイルスなどの外敵を撃退してくれる
「免疫細胞」が大集結していて、外敵の侵入に備えています。
その数はなんと体中の免疫細胞のおよそ7割

パイエル板で訓練

腸内環境を高めるには食物繊維がカギ

腸内の免疫細胞を活性化できる食べ物をとっているかどうかが、
免疫力を大きく左右します。

食物繊維の種類
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。

「不溶性食物繊維」
水分や老廃物などを吸着して、便を増やします。
腸を刺激してぜん動運動を活発化し、排便を促します。

「水溶性食物繊維」
腸内細菌(善玉菌)のえさになって、腸内環境を整えます。
血糖値の上昇やコレステロールの増加を抑えます。

例えば水溶性食物繊維で言う
と、以下のような機能を持っています。

・ 善玉菌の住みやすさを改善 腸内を善玉菌の好きな弱酸性に
・ 善玉菌の栄養補給 自ら善玉菌のえさになります
・腸壁の強化 免疫力アップにつながります
・腸内の掃除 やさしく便を押し出して、スッキリ快適に

基礎疾患にならないために、気を付ける食事
基礎疾患と「野菜」の深い関係
食生活の変化

「健康的な食事」とは、野菜や果物をたっぷりとり、
肉も油も炭水化物もひかえめにとる

疲れやだるさの解消に必要なのが「野菜」
あなたの食事大丈夫ですか?

1. 野菜は多くの疾患の予防に効果的
2. 肉、脂質、炭水化物は要注意
3. 食品からとる栄養は効果的だが、サプリは効果的とはいいがたい

1.『抗酸化力』
体内に発生した活性酸素を消去し、体の老化をくいとめる働きをします。

『抗酸化』の機能性がある野菜は、
トマト、ほうれん草、パプリカ、にんじん、ブロッコリー、
いちご、キウイ。

2.『免疫力』
体の異常を監視して体を守る。免疫は体内に入った細菌やウィルス、
体内で発生したがん細胞を「異物」と認識して攻撃・排除する仕組みです。

『免疫力』の機能性がある野菜は
レタス、きゅうり、はくさい、チコリなどの淡い色の野菜やオクラ、
モロヘイヤなどのネバネバした野菜、しいたけなどのきのこ類。
黒ニンニク

3.『解毒力』
人間は生活するうえで、呼吸や飲食などを通じて知らない間に毒性のある
さまざまな物質を体に取りこんでいます。こうした有害物質が体内に蓄積されるとアレルギー、ホルモン異常、肝臓や腎臓の障害、がんなどさまざまな障害の原因になります。

解毒とは、これらの有害物質を水溶化して、
体の外へ排出する働きのことです。

体の中からいらないものを出す『解毒力』の機能性のある野菜

ねぎ、にんにく、しょうが、みょうが、やまいも、ダイコン、レンコン、キャベツ、レタス、玉ねぎ、リンゴ西洋・東洋のハーブ、香辛系野菜など。

「免疫力を高める食品」というのも、腸内細菌などの観点から
確かに存在はしますが、特に食品に関しては、特効薬ではないので
劇的、短期的に効果があるものはありません。

コメント


認証コード3154

コメントは管理者の承認後に表示されます。